一人で見に行く?二人で決める?みんなの婚約指輪経験談

大切な品だから二人で見に行く

婚約指輪は、一般的に男性から女性へと贈るものとされています。ただ、それ以外のしきたりと言ったものは特にないので、「二人で一緒に見に行く」と「男性が用意する」のどちらにすべき、というルールはありません。お互いの気持ちなどを優先して、それぞれの夫婦が自由に選んで良いのです。
男性が「どんなものを選んで良いのか、全く自信がない」という場合、あるいは、女性が「欲しい!嬉しい!と思う物を貰いたい」という場合は、堂々と二人でお店に行くと良いでしょう。また、こういったケースは決して珍しくありません。それは「一生の宝物だから自分で選びたい」という理由だけでなく「二人の結婚を示すものだから、二人で選ぶという行為がしたい」と考える女性が少なくないからです。
もしも、「自分で選ぶか、それとも二人で選んだ方が良いのか」と迷うようであれば、思い切ってパートナーに声をかけてみると良い結果に繋がるかもしれません。「折角のものだから、一緒に選ばない?」とエスコートしてみましょう。

大切なものだからリードして欲しい

一方、あくまでも男性が用意するものである、という考えをする女性もいます。日本の伝統的なしきたりである「結納」の一環であると考えれば、女性が口を出すものではありません。このような考え方をする女性であれば、頑張って男性側がリードしましょう。
また、代々家で伝わる指輪などがあれば、それを婚約指輪の代わりとすることもあります。価値ある宝石を受け継ぐことで「相手の家に歓迎されている」という気持ちが伝えられることでしょう。ただ、注意したいのは「きちんと保管された状態の良いものであること」や「相手の誕生石などと合致していること」をチェックしておいた方が無難です。女性側は指輪の金額や価値よりも、「自分のために用意してくれた」という部分に強い思い入れを感じる傾向にあるため、「家族のお古を渡された」と感じてしまう恐れがあります。それでも代々の指輪を渡したいと思うのであれば、別途、婚約指輪を用意するなどの気遣いも検討した方が良いでしょう。

結婚指輪を立川で買うことはとても経済的です。なぜなら、立川はリーズナブルなお店が多い地域だからです。